HT-03Aに関する発表をチェック。

NTTドコモが5月19日に発表した国内初のAndroid端末「HT-03A」は、台湾HTC製「HTC Magic」を国内向けにカスタマイズしたものだ。ネットワーク関連のハードウェアを日本の仕様に合わせたほか、メニューの日本語化や日本語入力対応などソフトウェアもローカライズ。独自アプリも搭載している。発売は6~7月。
iPhoneっぽい? 国内初Android携帯を写真でチェック – ITmedia News

まぁiPhoneを意識してはいるんだろうけど。ソフトとか、どの程度充実してくるのか、その辺が気になります。

 地磁気センサーを搭載し、自分の向いている方角に合わせて「ストリートビュー」を表示する機能や、方角に合わせて星座を表示する独自アプリも搭載した。

スゲー!
たしかに今使っているSo903iだと、Googleマップで自分の向いている方角がわからなくなることしばしば。
しかし地磁気センサーって、どういう原理なんだろう? 磁石とか近くにあっても関係ないのかな。関係ないんだろうけど。冷蔵庫に張ってあるマグネットに影響されたりしないよね。
◆リンク
iPhoneっぽい? 国内初Android携帯を写真でチェック – ITmedia News