ワークシートを思い通りに追加する方法をまとめてみた

ワークシートをアクティブなシートの左側に追加する
* ALT→H→I→S(リボンコントロール)
* Shift+F11
ワークシートをアクティブなシートの右側に追加する
* ワークシート追加ボタン(シート名見出しの右側)
* マクロ

経緯

仕事でSheet1のデータを分割する必要に駆られて、ワークシートを作成しながらコピペを繰り返していた。途中、効率よく作業するためにいろいろな方法を試行錯誤しながら作業していたのだが、ワークシートの挿入される位置がそれぞれ違うことに気づいたため、ぎゃー、となった。

途中まではマウス操作で「右隣に新しいシートが追加」される前提で作業を組んでいたのだが、一番効率のいいキーボード操作による追加は、ワークシートを左隣に追加する仕様だったのだ。
そういうわけで、まとめておいた。

キーボードとマウス

「ALT→H→I→S(リボンコントロール)」と「Shift+F11」はどちらもキーボードショートカットで、この方法をベースにするのがおすすめ。この方法では、現在使用している(アクティブな)ワークシートの左側にシートが追加される。
Judas002293
シート名見出しの右側にある「+」マーク=「ワークシート追加ボタン」をマウスでクリックすると、現在使用している(アクティブな)ワークシートの右側にシートが追加される。
ワークシートを追加するボタン

マクロ

マクロは私はあまり詳しくないが、右側にシートを追加することになるようだ。工夫すれば左もできるのかもしれないが。
アクティブシートの後ろ・右側に新規ワークシートを挿入するマクロ:エクセルマクロ・Excel VBAの使い方-Worksheet・Chartオブジェクト
【基本】選択シートの「右側」に新規シート挿入:実践編《本当に役立つ!Excel 3行マクロ》

ところが、マクロとワークシート追加ボタンとは若干、挙動が違うことがわかった。

ワークシート追加ボタン の場合
セルを選択して「切り取り(Ctrl+X)」し、ワークシート追加ボタンを押すと、新しいシートが右側に挿入され、アクティブになる。そこで「貼り付け(Ctrl+V)」すれば、切り取った内容が貼り付けられる。

マクロ の場合
セルを選択して「切り取り(Ctrl+X)」し、右に追加マクロを実行すると、新しいシートが右側に挿入され、アクティブになると同時に、選択中のセルが解除される。「貼り付け(Ctrl+V)」しても、セルを貼り付けることができない。

つまりマクロの場合、一端選択中のセルが解除され、コピー中のデータが使えなくなってしまうのだ。これだと作業の中に組み込むにはちょっと差し障りがある。

まとめ

「ALT→H→I→S(リボンコントロール)」と「Shift+F11」では、現在使用している(アクティブな)ワークシートの左側にシートが追加される。
この方法をベースにするのがおすすめ。
[EOF]