HTMLにはインラインフレーム(iframe)と呼ばれる技法がある。HTMLの中に別のHTMLを表示させる技法だ。
たとえばA.htmlというファイルの中腹にiframe枠を造り、B.htmlを引用する。するとB.htmlが変更された時に自動的にA.htmlも変更される。つまりA.htmlのiframe枠の中身はB.htmlにリンクされているのであって、都度都度B.htmlを読み込んでいるのである。

ここでA.docにB.docが登場ですよ。

会議のアジェンダを作りたいんだけども、けっこう要求されている仕様が複雑だったりする。全体像を把握したい。でも顧客別に細部もみたい。部分更新しても全体に反映されたい。webだったらそれこそiframeとか、古くはフレーム構成とかしたくなるシーン。ふと、Wordで同じようなことができないのかなー、と思って調べてみた。

そんな奇特な人はいないのか、情報は多くはなかったが、なんとか見つけた。
Microsoft Word の文書中で、任意のテキストファイルを参照し、… – 人力検索はてな

やってみたらホントにできた。
Judas000097

この画像じゃよくわかんねーか(汗) 一応、新規Wordの中に別ファイルから「目次」を読み込んだ状態。ちなみにExcelファイルを読み込むこともできる。

ただ、イマイチ美しくはないんだよなぁ……(贅沢)。まぁレイアウトする側の人間の問題なのかもしれないが。テキストファイルでこれができたら、より使い勝手がいい気はする。単にDTPの流し込みか。もしかしてMicrosoft publisherとかAdobe Indesignならできるのかな? 今度調べてみよう。